スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

へーーーっと思ったらポチ=>   にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ   l

次世代蓄電池のリチウムイオンキャパシタ 新神戸電機

☆概要
新神戸電機は次世代蓄電装置のリチウムイオンキャパシタを2011年度から量産する。
大容量で円筒形の製品を初めて実用化。

電極を円筒形に丸める方式で、電極を積み重ねる一般的な製晶に比べ長寿命で耐久性に優れる。
工場の非常用電源やハイフリッド建機など向けに売り込む。

「ラミネート型」と呼ばれる電極を積み重ねる方式に比べ長寿命で、
数百万回の充放電を繰り返しても劣化しにくい製品を開発した。

セ氏80度以上の高温でも使え、過充電によってセルが変形することも少ない。
リチウムイオンキャパシタはFDKやJSR系のJMエナジーがラミネート型を手がけている。

瞬時に充放電できるリチウムイオンキャパシタは、化学反応で蓄電する
リチウムイオン電池と異なり、電極周辺にイオン分子を吸着させて蓄電するため劣化が少ない。


☆何故掲載したか?
・リチウムイオンキャパシタは、これからの素材で、まだまだ利用価値があると思う。
 注目を続けていきたい。


☆関連記事
 リチウムイオンキャパシター NECトーキン


☆キーワード
・リチウムイオンキャパシタ
・新神戸電機

20110203リチウムイオンキャパシタ 新神戸電機2.jpg


へーーーっと思ったらポチ=>   にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ   l

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

| 面白スクラップブックブログ |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。