CTC無償でオラクルDB試験環境提供

☆概要
伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は、
米オラクルのデータベース(DB)ソフトを様々な構成で試験する施設を顧客に無償で提供する。

自社技術者向けに用意している検証施設「テクニカルソリューションセンタ(TSC)」
内にこのほど「オラクル・パフォーマンス・ラボ」を設けた。

DBサーバー機の増強やソフトの刷新、高速化技術の導入を検討する顧客が、
実際に使用中のデータによる試験を可能にする。

TSCが保有する約400台のサーバー機などの機材を流用する。
多様なメーカーや仕様のサーバー機や記憶装置(ストレージ)の組み合わせが用意できる。

米オラクル社DBソフトの最新版「11g release2」を中心に、

ソリッド・ステート・ドライブ(SSD)をデータの一時退避(キャッシュ)に利用する
「ディビー・スマート・フラッシュ・キャッシュ」や

メモリー上にデータを置く「タイムス・テン」といった高速化技術を試せるようにする。

CTCは顧客ごとに専任技術者を一入付け、検証作業を支援する。

DBは、顧客によって格納されているデータの種類や量、使い方が大きく異なるため、
処理能力の向上に有効な手法が多様で、システムの刷新時に、顧客がDBシステム用の
機材を前もって購入し、利用中のデータで性能試験を行う工程が不可欠だったという。


☆何故掲載したか?
・顧客としては、願ったりかなったりの環境だが、
 高価なオラクルのDB。

 なんとかならないのでしょうか?

・記事中の高速化技術の名称ぐらいは憶えておきましょう。
 よっぽどの巨大企業しか使わない技術です。


☆関連記事
 


☆キーワード
・オラクル
・CTC


20100826CTC無償でオラクルDB試験環境提供.jpg


へーーーっと思ったらポチ=>   にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ   l

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

| 面白スクラップブックブログ |