EV(電気自動車)1,000台を郵便事業会社に納入 ゼロスポーツ

☆概要
最大の売り先とされる日本郵政グループの郵便事業会社は1000台規模のEVを
自動車メーカーではなく、ベンチャー企業(VB)のゼロスポーツから調達する事となった。

軽商用車ベースのEVを試験導入した郵便局に足を運んで、
集配担当者の声をつぶさに拾った結果が大量納入につながった。

ゼロスポーツのEVの特徴
・荷物を積んで走っても1回の充電(約8時間)で100㌔超を走れる。
・EVはモーターで駆動しており、アクセルを踏み込むと一気に加速する。
 「急発進するようで危ない気がして慣れない」との声に対応。
・車両すべての機能を管理するECU(電子制御装置)は自社開発。
・しっかり停止するよう集配車仕様に変更。
・荷物を積みおろししやすいよう荷室の床の高さを調整。
・車両価格は大手と比べて2~3割安。

郵便事業者の案件については、大量発注とはいえ大手の完成車メーカーにとって小ロット。
大手の完成車メーカーが想定するEVの生産ラインは5万~10万の単位が相場だ。


☆何故掲載したか?
・1000台で十分儲かるEV(電気自動車)だ。
 大量生産で世界で作れば、もう今の自動車なんて目ではない。

 何が変わるかと言うと、部品点数が極端に少ないEV(電気自動車)、
 絶対的に費用が安くなる。 いわゆる価格破壊だ。

 今の自動車会社はどんどん潰れる。


☆関連記事
 リチウムイオン電池負極3割増
 負極材の生産倍増 車向けリチウムイオン電池 日立化成
 風力発電が発電した電気を電気自動車(EV)の電源活用!!
 HV・EV向けの警戒音発生装置を開発した。田淵電機
 モーターの歯車をなんとプレスで作成 コストも最大1/10になる
 リチウムイオン電池の将来性
 電圧変換効率2倍のリアクトルを 古河電子が開発!! EV向け充電器に利用が
 マグネシウムイオン2次電池の可能性!!
 マンション向けの電気自動車(EV)充電システム 意外と安い!
 EV(電気自動車)に中小が参入。スモールハンドレッド状態だ。
 リチウムイオン電池のリサイクル事業に参入 日鉱金属
 キャパシタ
 空調で溶媒回収・再利用 大気社
 新タイプの二次電池が、リチウムイオン電池の容量5倍!!
 日産・NEC リチウムイオン電池大規模量産
 日産自動車・仏ルノーは、電気自動車(EV)普及に向け政府・自治体と提携
 日産自動車の世界戦略がすごい 電気自動車(EV) リチウムイオン電池
 電源コード無しで充電 無線充電
 日産自動車が電気自動車(EV)の開発を加速する。
 電気自動車の急速充電コネクターを開発 矢崎総業
 ニッサン リーフ ついに日産自動車が電気自動車を発売
 リチウムイオン電池のコバルト使用量を9割削減 日立マクセル
 環境車向けの電池と車メーカーの相関図
 リン酸鉄リチウムの製造時間を半日から数時間に短縮 長岡技科大
 リン酸鉄リチウムを住友大阪セメントが量産
 定置型リチウムイオン蓄電池の量産技術を確立 エリーパワー
 超薄型折り曲げ自在のリチウムイオン電池 STマイクロ
 電池素材のリチウムはどこで生産されるか?
 電気自動車向け急速充電器製品化 高砂製作所
 電気自動車 充電でなく電池毎交換 ベタープレイス
 車載用電池を巡る電気と自動車メーカーの提携関係図
 電気二重層キャパシター 明電舎・日本ケミコン
 リチウムイオンキャパシター NECトーキン
 リチウムイオン電池の爆発しない正極材料 マンガンリン酸塩リチウ厶の新製造法
 リチウムイオン電池 発火・液漏れなし 出光
 発火の危険性の無いリチウムイオン電池 電力中央研究所
 ニッケル、リチウムの資源はどこの国にあるか?
 リチウムイオン電池、原理は実は解明されていない
 長寿命リチウムイオン ボストン・パワー  


☆キーワード
・EV 電気自動車
・ゼロスポーツ


20100826EV市場VBにも商機.jpg



 


へーーーっと思ったらポチ=>   にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ   l

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

| 面白スクラップブックブログ |