フルHD画像を複数画面にLANで送信できる装置を開発 コンテック

☆概要
制御機器開発のコンテックは、LANを使用して高精細な動画を複数の画面に
配信できる送受信機を開発し2010年9月発売予定だ。

約207万画素のフルハイビジョンの画像を1秒間に15コマ」送受信でき、
価格は送信機が1台4万7250円、受信機が1台4万4100円。
受信機の数に応じて同時に複数の画面に映像を表示できる。

これまでの同等のシステムと比べ総費用は半額以下で済む。

用途は、電子掲示板(デジタルサイネージ)、ライブ中継、遠隔監視システム等だ。

送信機が画像圧縮、受信機が画像伸長の機能を持つ高性能のCPUを持つ。
現行の一般的なLAN回線であれぱ、占有率を8%程度に抑えられる。
また、デジタル変換して送るためアナログ方式のような画像劣化の懸念がない。

専用のソフトを使って複数の受信機に異なるコンテンツを送ったり、
遠隔地にある複数のカメラやパソコンの画像をーつの画面に表示したりできる。


☆何故掲載したか?
・意外と一つの映像を複数の画面に表示しようとすると、思い当たる物が無い。
 この製品は安くて画期的だ。


☆関連記事
 スーパーで電子看板(デジタルサイネージ)実験
 瞬間誌発売 講談社
 人の動きを追うネットワークカメラ サクサ
 顔認識ソフト ジェイマジック
 電子看板の市場が、将来1兆円台に!!


☆キーワード
・電子掲示板 デジタルサイネージ
・コンテック


20100804LANで複数画面に同時配信 コンテック.jpg

 


へーーーっと思ったらポチ=>   にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ   l

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

| 面白スクラップブックブログ |