人工細菌作成

☆概要
米国のJ・クレイグ・ベンター研究所(メリーランド州)は人工的に化学合成
したゲノム(全遺伝情報)によって生命活動を営む入工細菌をつくることに成功した。

一方で、生合倫理などの観点から議論を呼ぴそうだ。

牛の病気の原因にもなる細菌の一種「マイコプラズマ・ミコイデス」のゲノムの断片を入工合成。
酵母に入れてつなげ、完全なゲノムを合成した。

これを類似の生きた細菌「マイコプラズマ・カプリコルム」に移植し、
元のゲノムをミコイデスのゲノムに置き換えた。

すると、手を加えていないミコイデスとほぼ同じたんぱく質を作るなど生命活動が始まった。

細菌として分裂、増殖が続くことも確認した。

ただ「細菌に組み込んだ遺伝子の働きを制御する仕組みは未解明な
点が多い。望み通りの機能の入工生命を作るのはまだ難しい」とみる。


☆何故掲載したか?
・これは命の創造か?
 まだまだ進化する技術が、何を作り出すか怖いことだ。



☆キーワード
・人工細菌

  20100521人工細菌作成.jpg


へーーーっと思ったらポチ=>   にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ   l

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

| 面白スクラップブックブログ |