スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

へーーーっと思ったらポチ=>   にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ   l

化合物太陽電池(CIS) シャープ

☆概要
化合物太陽電池という、発電効率30%の太陽電池がある。

2009年10月オーストラリアのソーラーカーレース「グローバル・グリーン・チャレンジ」で
優勝を飾った東海大学のチームが積んでいた太陽電池がそれだ。

平均時速100キロという高ペースで駆け抜けた。


シャープが今このCIS型と言われる化合物太陽電池の開発を加速している。

大きな問題は、成分にある。

インジウム・ガリウム・ヒ素

そう、ヒ素中毒のヒ素だ。



売った後に、その太陽電池の回収までを見通したサイクルが確立するまでは、

売らないとシャープは言っていたが、今開発を加速している。




☆何故掲載したか?
・高効率の太陽電池であるCIS型太陽電池は、世界中で売られている。
日本はヒ素中毒の記憶があり、猛毒である事を知っているので、
日本では売られていない。

・こういった太陽電池がある事を憶えておこう。


☆関連記事
 化合物型太陽電池(CIS)で30%の発電効率


☆キーワード
・CIS太陽電池 化合物太陽電池
・シャープ


  20100511化合物太陽電池シャープ.jpg


へーーーっと思ったらポチ=>   にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ   l

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

| 面白スクラップブックブログ |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。