有機太陽電池2倍の15%を目指す

☆概要
三菱化学は、2015年度をメドに有機薄膜太陽電池の変換効率を、
現在の2倍の15%に高めることを目指し、素子を2段重ねにするなどの研究を始めた。

単体では、有機材料と「フラーレン」と呼ぷ球状炭素分子を電極で挟んだ構造で、
7・4%の変換効率を実現している。

単体で変換効率を10%に高め、素子を二段重ねにし接合による変換ロスも考慮して、
太陽電池全体として最大で15%の変換効率が可能とみている。

製造コストが安いのが特徴だ。


☆何故掲載したか?
・太陽電池の用途がどんどん広がっていく。
 確実に発想の転換が必要だ。


☆関連記事
 極薄有機太陽電池
 繊維の太陽電池 とはすごい!!
 太陽光発電の落とし穴
 太陽電池の今後の展開!!
 太陽電池で、全ての可視光を電気に!!
 太陽電池セルの厚さ1/2 三洋電機
 化合物型太陽電池(CIS)で30%の発電効率
 実用サイズのHIT太陽電池で23%の変換効率を達成 三洋電機
 球状シリコン太陽電池 京セミ
 家で発電した電気のお値段
 炭素を触媒にした燃料電池が世界最高の発電性能を示した。日清紡ホールディングス
 サンドブラストで太陽光発電パネルの加工 不二製作所
 超伝導素子で事故電流を抑制 産業技術総合研究所
 定置型リチウムイオン蓄電池の量産技術を確立 エリーパワー
 HIT太陽電池で変換効率23%達成 三洋電機
 太陽電池の発電効率が2倍の50%に!!
 家用の太陽電池の性能・価格比較 これは意外と知らない。
 ベンチャー企業が太陽電池市場に風穴を開ける
 太陽光発電そのものが 既にバブルに向かっている
 調整を迎える太陽電池
 ナトリウム硫黄蓄電池増産 日本ガイシ
 調整を迎える太陽電池
 太陽電池の種類
 太陽電池 日本が世界から取り残される
 炭素を触媒にした燃料電池が世界最高の発電性能を示した。日清紡ホールディングス



☆キーワード
・有機太陽電池
・三菱化学


20100525有機太陽電池2倍の15%を目指す。.jpg 


へーーーっと思ったらポチ=>   にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ   l

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

| 面白スクラップブックブログ |