バラストタンク用高耐食の厚板 JFEスチール

☆概要
JFEスチールは年内に耐食性を従来の2倍に高めた船のバラストタンク用厚板を発売する。
さびへの耐久性などをまとめたデータ集を作成し、造船会社や船主などに採用を働き掛ける。

耐久性の向上で補修コストを削減できる点をアピール。

積荷が少ない時に船体を安定させるため「バラスト水」として取り入れた海水をためるタンクに使う。

タンク用鋼材はさびを防ぐため塗装するが、微小な穴やひびから海水が入り込んでさびが発生する。

特に太陽熱や海水によりさびが発生しやすいタンク上部での使用を想定している。

08年に開発してユニバーサル造船の大型ばら積み船など数隻で実証試験を進めており、今
秋にも精密検査を実施する。

国際海事機関は塗装の寿命を15年以上と定めているが、船体寿命は25年程度が一般的なため、
船主は塗り直しが必要になる。

費用はパラストタンクの上部だけでも1億円弱とされる。
新しい鋼材の価格は従来品より2割弱高いが、この補修コストを省けるという。



☆何故掲載したか?
・船のバラスト水、タンクといろいろとやっかいな部分だが、

 タンクのサビに着目した商品も素晴らしい。


☆関連記事
 


☆キーワード
・バラストタンク 鋼材
・JFEスチール


20100423高耐食の厚板年内発売 JFEスチール.jpg


へーーーっと思ったらポチ=>   にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ   l

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

| 面白スクラップブックブログ |