強度鉄鋼の2倍強のプラスチック開発

☆概要
広島大と科学技術振興機構が鉄鋼の2~5倍の強度を持つプラスチックを開発した。
価格も通常のプラスチック並み。

液状のポリプロピレンを過冷却と言う状態に冷やして一気につぶすことで、
高分子鎖が一定を方向に並んだまま結晶化する事に成功。

結晶の比率が92%と高く、ナノ配向結晶体を実現した。

融点は176度、鉄と比べ1/4の重さだ。

価格は、 100~200円/キログラムと破格の値段だ。

透明度はガラスと同等の99%と窓硝子の代わりにも使用できる。
食品容器のエフピコ、科学メーカーのさんアロマーと組み製品化を進める。


☆何故掲載したか?
・素晴らしいの一言だ。
 価格も強度も熱にも全ての面で優位性が高い。


☆関連記事
 鉄筋コンクリートにプラスチック繊維を混ぜて、耐震性を向上!!
 常温でも形状を記憶するプラスチック NEC
 プラスチック製品の押・し出し成型大手 カツロン
 ペットボトルを飲料容器として再利用する実験状況


☆キーワード
・プラスチック
・エフピコ
・さんアローマ


20100420鉄鋼の2~5倍の強度のプラスチックを開発.jpg


へーーーっと思ったらポチ=>   にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ   l

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

| 面白スクラップブックブログ |