3Dデジカメの撮影画像をTVで楽しめる 富士フイルム

☆概要
コンパクト型デジタルカメラで撮影した3D映像を、3D対応テレビ映し出す
専用プレーヤーHDP-L1を発売した。

富士フイルムの3Dデジカメ「FinePlX REAL 3D W1」で撮影した3D映像を記録した
SDカードを差し込み、3D対応テレビに接続する。

左右両眼に映る3D画像を1本のチャネル帯域で多重伝送する「サイド・バイ・サイド」方式の規格に対応。
3Dデジカメで撮影した映像は、プレーヤー内で自動で同方式に変換され、テレビに出力される。


☆何故掲載したか?
・3Dが流行っている。

 中身でなく、3Dが流行っている。

 富士フイルムもテレビ屋さんも本気だ。

 どうなるんだろう。これは興味津々。


☆関連記事
 3D画像印刷機をサンリオピューリオランドに設置 富士フイルム
 全仏オープンテニスを3Dで生中継 パナソニック


☆キーワード
・3D
・HDP-L1 富士フイルム


201004233Dデジカメをテレビで 富士フイルム.jpg


へーーーっと思ったらポチ=>   にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ   l

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

| 面白スクラップブックブログ |