溶液を使う簡便な方法で様々な複合材料を作る技術を開発

☆概要
久留米工業高等専門学校の武藤浩行准教授は、
溶液を使う簡便な方法で様々な複合材料を作る技術を開発した。

異なる素材をプラスとマイナスにそれぞれ帯電して溶液中で結合する。

シリカ微粒子にカーボンナノチューブ(筒状炭素分子)を付着させた、
電気の通るセラミックスなどを試作した。


☆何故掲載したか?
・いやこんな簡単な方法でできるのなら、
 劇的に世界が変わりそうです。
 どう実用化されるか楽しみです。


☆キーワード
・複合材料


20100310溶液使い複合材料導電性セラミックス.jpg 


へーーーっと思ったらポチ=>   にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ   l

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

| 面白スクラップブックブログ |