さびにくさとと耐摩耗性を求めアモルファス金属を皮膜に 中山製鋼所

☆概要
中山製鋼所は、鋼板の表面に強度や粘りに優れた、
アモルファス(非晶質)金属を皮膜として、形成する技術を開発した。

皮膜は、鉄・クロム・モリブデン・炭素などだ。

用途は主に化学薬品用ポンプ部品だ。
更に、建材製品の応用を進める。


☆何故掲載したか?
・すごい技術だ!!


☆キーワード
・アモルファス


20100119鋼板表面に非晶質金属.jpg 


へーーーっと思ったらポチ=>   にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ   l

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

| 面白スクラップブックブログ |