オバマ大統領と製薬業界の関係

☆概要
オバマ氏が大統領になると、医療保険拡充のため
財源確保の標的となるのが製薬産業。

・オバマ大統領の考え
 高齢者向け医療保険の適用対象となる処方箋薬の価格を政府と
 メーカーで直接交渉できるようにする。

 同じ種類の薬がアメリカよりカナダの方が割安なときカナダからの
 輸入を認める。

・アメリカの薬価
新薬については、年2回の値上げか状態化。
特許切れまでは値段は上がり続けるのが一般的

・カナダの薬価
公定価格制度があり、同じ新薬がアメリカの2/3から半額で
購入が可能。
 


ディフェンシブ銘柄として不況に強いと言われた製薬業界が、
金融危機、円独歩高に続き、アメリカの医療改革と言う第三の
TSUNAMIが日本の製薬業界を飲み込むかもしれない。


☆何故掲載したか?
・オバマ大統領誕生の期待と、恐怖がどこに現れるかの一端を見る事ができる。


☆キーワード
・オバマ大統領
・製薬業界
・医療改革
・自由価格制度
・アメリカ
・カナダ
・新薬

20081105オバマと製薬業界1.jpg

へーーーっと思ったらポチ=>   にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ   l

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

| 面白スクラップブックブログ |