会社更生法の日航(日本航空) 最後はアメリカに売られる?

☆概要
何故、8,000億円の債務超過を抱える日本航空(日航)に、
会社更生法の日本航空に、ワンワールドのアメリカン航空や、
スカイチームのデルタ航空が、自陣営に取り込む為の支援を行うのか?

日米の航空自由化(オープンスカイ)協定の締結合意があるためだ。

米独占禁止法適用除外(ATI)の取得後に太平洋路線で、
提携会社同士で実質的な事業統合が可能となるため、

太平洋路線でのシェア確保のためには、
日本航空がどうしても欲しい。



☆何故掲載したか?
・さて、どちらにしても、アメリカの手に落ちるわけですね。

・ちなみに、今の日航はワンワールド連合です。

・ちなみに、全日空はスターアライアンス連合です。

・行政の介入で、全日空が不当な扱いうける事になるのでしょうか?


☆関連記事
 日本航空の提携先選びが日米路線のシェアを決定づける事になるなんて...
 日航再建、国交省監督に異議!!
 経営再建中の日航 年金改定に暗雲 JAL
 定額給付金を狙った航空券が日本航空(JAL)全日空(ANA)から発売された。
 航空3社の収益力
 国際航空券の発券手数料が撤廃される。


☆キーワード
・日本航空 日航 再建
・会社更生法
・スターアライアンス
・ワンワールド
・スカイチーム


20100119日航尚視界不良.jpg 


へーーーっと思ったらポチ=>   にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ   l

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

| 面白スクラップブックブログ |