10分で作れるアイアン・ナゲットの商用プラントを神戸製鋼所が稼働をさせた。すごい

☆概要
「アイアン・ナゲット」と呼ぷ粒状の鉄を約10分間でつくれる新製鉄法「ITmk3(アイティ・マークスリー)」
を採用した商業プラントを米国で稼働させた。
2010年半ばをめどに年産50万トン体制とする。

現在主流の高炉を使った製鉄に比ベニ酸化炭素排出量を約2割減らせる点などを訴え、
は神鋼が約15年かけて実用化した。

プラントは米ミネソタ州にあり、米大手電炉メーカー、スチール・ダイナミックス(SDI)と共
同で建設を進めてきた。
生産したアイアン・ナゲットはSDIが購入し、鉄鋼製品の原料として使う。

ITmk3は高炉に比べ1カ所あたりの生産規模は小さいが、
品位が低く安価な鉄鉱石や石炭から鉄をつくれるなどの利点もある。


☆何故掲載したか?
・大量生産向きではないが、需給に合わせて、柔軟な生産と、
 低品位の材料から鉄の原料を作成できるのはすごい事だ。

 高炉にはできない芸当だ。

・15年の研究と、実証プラントを作成し、
 世界に拡販を考える神鋼もすごい。


☆関連記事
 


☆キーワード
・神戸製鋼所
・アイアン・ナゲット アイアンナゲット
・ITmk3 アイティ・マークスリー

  20100115アイアンナゲットプラント稼働.jpg


へーーーっと思ったらポチ=>   にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ   l

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

| 面白スクラップブックブログ |