10月ランキング プラズマテレビ 上位はパナソニック

☆概要
液晶と比べプラズマテレビは、下記の長所がある。
そのプラズマの世界では圧倒的にパナソニックが優位である。
恐らく世界で見てもパナソニックが№1だと思われる。

ただ、圧倒的なコスト差から、液晶が優位性を維持すると思われる。
プラズマテレビを作っている企業は、パナソニックと日立製作所のみ。


液晶の短所
・ 応答速度が遅く、速い動きのあるシーンでは残像感がある。
 どんな処置をしても残像感は無くならない。 これは致命傷。

・動画の解像度が静止画に比べて低い。

・コントラストが低く立体的な表現に難がある。

・保護ガラスが表面になく物をぶつけると割れる。

☆何故掲載したか?
・液晶テレビが発売されて大分時間が経つが、液晶テレビ独特の
 画面のにじみ、白すぎる画面など、テレビとしてブラウン管にかなわない
 商品にもかかわらず、売れ続けているのが不思議で仕方がなかった。

・最近倍速表示とかバックライトの改良で実用域に入ってきたが、
 ブラウン管を持っている私には、液晶を買いたいと思う気にはならない。

・プラズマはその点、にじもなく、消費電力の問題もなくなってきて、
 よい商品となってきたが、相変わらず高い。

☆キーワード
・液晶テレビ
・プラズマテレビ

20081105PLAZMA.jpg

へーーーっと思ったらポチ=>   にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ   l

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

| 面白スクラップブックブログ |