2009年12月24日 JR東海がリニア新幹線の事業計画を国土交通省に提出した。

☆概要
JR東海 葛西会長は1987年の国鉄民営化をけん引した「国鉄改革3入衆」の1人。
他の2人は経営の第一線から退いたが、葛西氏は今でも代表取締役会長として存在感を示している。

そのJR東海が2009年12月24日 国土交通省に事業計画を提出した。

狙いは、リニアの実現と海外展開。


1.リニアの実現に向けて
・最大の障害がルートの決定
 事業計画ではストレートの線を設定している。

・費用については、2007年に7兆円の負担を表明済。

・新幹線保有機構に対して、
 リニア中央新幹線については、運行権をJR東海が握る事を担保している。


2.海外展開
・営業実績を積む為、リニア中央新幹線を部分開業を狙う。



☆何故掲載したか?
・政治家がいろいろ言うルートの選定に時間がかかるんだろう。

・リニアがグローバルな商材となる事はハッキリしている。
 その為には営業実績と言う実績が必要だ。



☆キーワード
・リニア中央新幹線
・新幹線保有機構
・運行権
・JR東海


  20091225JR東海リニア構想.jpg


へーーーっと思ったらポチ=>   にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ   l

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

| 面白スクラップブックブログ |