鉛・ニッケルの水道水にへの溶出を1/100に!! トッキ

☆概要
キッツは蛇口などの水栓金具やバルブから、ニッケルや鉛が水道水中に
溶け出ずのを防ぐ表面処理技術を開発した。
処理後の溶出量を処理前に比べ50分の1~100分の1程度まで減らせた。


・何故そんな技術を開発する事となったか?
微量のニッケルや鉛が溶けた水道水を飲んだり、
皮膚に触れたりすることで、発疹(ほっしん)を引き起こすことが
確認された為、世界・保健機関(WHO)が2005年に飲料水の水質基準を厳格化した。

米国で2012年には、飲料水の品質に関する国家規格で鉛の基準値を1リットル中
0.005ミリグラムにする事が決まっていて、
業者は規格に合致する蛇口でないと販売できなくなる。


☆何故掲載したか?
・日本の厚労省はのんびり追随するんでしょうねぇ。
 今は政治家の顔色を伺わないと何もできなくなってしまったので。

・ますます、日本は取り残されていく。
 政治家がこんな事を一つ一つウォッチしている訳が無い。


☆キーワード
・キッツ
・水栓金具
・バルブ


  20091224水道の鉛ニッケル含有量.jpg


へーーーっと思ったらポチ=>   にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ   l

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

| 面白スクラップブックブログ |