防犯用蛍光灯を販売中止しLED製品に切り替え 東芝ライテック

☆概要
東芝ライテックは普及型防犯灯の販売機種を見直す。

2010年度末をメドに20ワット形蛍光灯を使う主力商品の販売を中止し、
発光ダイオード(LED)を用いた防犯灯の品揃えを増やす。

LEDの防犯灯は4年以上使うと蛍光灯のタイプに比べて総費用が割安になる上、
ランプ交換の手間がかからないことを売り物に、地方自治体へ拡販する。

LEDを蛍光灯と比べた場合、下記の通りとなる。
価格は約3倍       6,300円=>18,000円
消費電力は約1/3   23.5W=>8.5W
寿命は7倍         8500時間=>60000時間


☆何故掲載したか?
・LEDの交換時期は、
60000時間とすると12時間/日で計算すると、
約14年交換が不要となる。すっごい!!!
蛍光灯だと2年毎だ!!


☆関連記事
 ハロゲン灯代替LED電球
 LED電球 実売4000円の時代 東芝、シャープ


☆キーワード
・LED LED
・東芝ライテック


  20091224外灯のLED化.jpg


へーーーっと思ったらポチ=>   にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ   l

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

| 面白スクラップブックブログ |