ウィルコムの事業再生ADRが医療現場を直撃する。

☆概要
PHS大手のウィルコムが事業再生ADR(裁判外紛争解決)手続きに入って3カ月。
株主や銀行団は事態打開へ交渉を続けるなか、

全国約5000近い医療機関から、
電磁波が弱いPHSは病院や介護現場で広く利用されていて、
事業継続を求める声が上がっている。

PHSは携帯電話に比べて電磁波が弱いため、心臓ぺースメーカーなどへの
影響を懸念、する医療現場では早くから導入されてきた。

2002年の総務省の調査では電磁波が医療機器に与える影響はPHSが
携帯の半分以下と指摘している。

全国の中規模以上の病院8600ヶ所のうち、PHSを導入しているのは、
5000ヶ所に上る。

ウィルコムも医療福祉機関向けには、
通話・メールが24時間無料になる定額プランを2000円と低額で提供。

しかし、ウィルコムのPHS 450万契約のうち医療機関向けは10万件、
わずか2%にすぎず、ネットワークに依存する切実さは一般ユーザーの比較に
ならないのも事実だ。


☆何故掲載したか?
・まさに必須アイテムなのがPHS。
 医療現場を守る為何かよい知恵はないもんだろうか?


☆キーワード
・PHS PHS
・事業再生ADR
・ウィルコム


20091224医療現場のPHS.jpg


へーーーっと思ったらポチ=>   にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ   l

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

| 面白スクラップブックブログ |