2010年10月からグループ法人税が強制適用される。

☆概要

1.特徴
グループ内の取引に課税がされない。
グループ内の資産・資金の移転で課税されない。
配当金が非課税となるのは全額出資子会社のみ。

2.条件
連結納税制度を適用していない、
一定規模以上の企業。

3.適用
資金的に余裕のある子会社から配当金で吸い上げて、
戦略事業に投資が可能。
資産の譲渡による利益に課税がなされないため、
資産移動が機動的に可能となる。


4.2002年から適用されている連結納税制度との違いは?
グループ内で、同年度の利益と損失を相殺できる。
累積している過去の赤字は相殺できない。
グループ内の取引には課税がされない。


☆何故掲載したか?

・更に財閥化する税制がスタートする。
 利益移動が柔軟になり、グループ内の事情が更にわかりにくくなる。

 これは正しい姿なんだろうか?

 どんどん戦前に後戻りしていくようだ。

 子会社が上場廃止となるケースが今後増えるのだろう。



☆キーワード
・連結納税制度
・グループ法人税


20091224グループ法人税.jpg


へーーーっと思ったらポチ=>   にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ   l

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

| 面白スクラップブックブログ |