ガゴメ昆布のフコイダンに、インフルエンザの増殖を抑える作用が!!タカラバイオ

☆概要
北海道の函館近海に生息するガゴメ昆布から精製される
ぬめり成分「フコイダン」に、インフルエンザの増殖を
抑える強い作用が有ることが確認された。

他の海藻由来のフコイダンと比べて、
10倍以上の強力な効果があるという。

今回の実験で抑制作用を確認したのは、
ヒト型インフルエンザウイルスの「HlN1亜型」
弱毒性鳥インフルエンザウイルスの「H5N3亜型」の21種類。


☆何故掲載したか?
・いろいろな物がインフルエンザに効くんだ。

・同じフコイダンでも効き目が違うと言うか、
 種類があるんだ。


☆関連記事
 フコイダン 抗がん剤の副作用を抑制!!
 鳥インフルエンザH5N1型に効果があるT-705 富山化学
 豚インフルエンザが潤した企業
 豚インフルエンザ ワクチンの効果は?
 豚インフルエンザ 発生からの動き
 豚インフルエンザ 遺伝子検査(PCR)とは?
 豚インフルエンザ 毒性は?
 豚インフルエンザ 新ウィルス出現の一因
 豚インフルエンザ 何故突然変異が起きやすいか?
 豚インフルエンザ まず簡易検査から入る その方法とは
 豚インフルエンザ 20世紀に入ってからのインフルエンザ
 豚インフルエンザの考察
 豚インフルエンザのH1N1の記号の意味



☆キーワード
・インフルエンザ 鳥インフルエンザ
・フコイダン


  20091224インフル抑制フコイダン.jpg


へーーーっと思ったらポチ=>   にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ   l

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

| 面白スクラップブックブログ |