再生医療 iPS細胞って何?

☆概要
iPS細胞(新型万能細胞)がどうして万能性を持つかの解明が山中教授の研究テーマ。

万能性とはふらゆる細胞に分化する能力。
複数の遺伝子を皮膚の細胞いれるとiPS細胞ができる事が判明しているが、
どうして万能性を持つのか、その詳しいメカニズムは解っていない。

がんは一定期間経つと死ぬはずの細胞が増え続ける。
「がん細胞とiPS細胞には共通点が多い」という。

iPS細胞はES細胞(胚性幹細胞)の様な倫理問題が無く、自分の皮膚細胞から
万能性を持たせる事ができる。

iPS細胞研究センターを新設し、知財、広報、契約など様々な業務の専門家
集団が山中教授を支える体制ができあがる。


☆何故掲載したか?
・意外にがんと共通したiPS細胞だと言うこと。
・皮膚の細胞からiPS細胞が作れること。


☆キーワード
・iPS細胞
・ES細胞
・再生医療
・山中教授
・iPSアカデミアジャパン

20081104再生医療iPS細胞.jpg

へーーーっと思ったらポチ=>   にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ   l

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

| 面白スクラップブックブログ |