通風に関係する遺伝子を発見!!

☆概要
腎臓や腸管から尿中へ尿酸を排出する輸送体を作る遺伝子ABCG2が痛風の
発症に関係していることを突き止めた。

患者の8割はこの遺伝子に変異があり、尿酸の輸送体の働きが悪くなっていた。

発症リスクが通常の26倍高まるような遺伝子
変異は、日本人の痛風患者の1割にみられることも分かった。



☆何故掲載したか?
・風が吹いても傷む痛風。
 遺伝子検査で、予防を含む治療が可能となる。
 素晴らしい発見だ。


☆キーワード
・痛風 遺伝子


20091106通風の遺伝子発見.jpg 


へーーーっと思ったらポチ=>   にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ   l

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

| 面白スクラップブックブログ |