スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

へーーーっと思ったらポチ=>   にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ   l

触媒を使わず低コストでディーゼルの排ガスを浄化

☆概要
名古屋大学の山本教授が、
白金などの触媒を使わないディーゼルエンジン向け排ガスを処理装置を開発。

粒子状物質(PM)を捉え加熱して焼却する仕組み。
炭素繊維が粒子状物質を捕まえ、ヒーターで700~800度まで加熱し、
燃やしてしまう仕組みだ。
燃えてしまえば目詰まりの可能性も少なくなる。

従来の触媒より燃費性能を高められる。

性能的には実証ベースで規制基準を下回っており実用性は検証済だ。



☆何故掲載したか?
・日本のメーカーは、乗用車からディーゼルと言う選択肢を奪った。
 欧州では主流の車を!

 愚かな政治が、燃焼効率の良い、ちゃんと開発すれば、より環境に優しい
 ディーゼルを葬り去った。

 どこぞのあほな政治家のせいだ。

 トラックの排煙を乗用車の問題にすり替えて、ディーゼルのせいにした結果だ。


☆キーワード
・ディーゼル
・排ガス処理装置


  20091005触媒使わず低コストでディーゼル排ガス浄化.jpg


へーーーっと思ったらポチ=>   にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ   l

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

| 面白スクラップブックブログ |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。