個人の資産配分の提案 マネー経済の歩き方269

・個人投資家の資産配分を割り切って考えるとどうなるか

・若いサラリーマンの時
 持っているお金が少なく、当然投資額も少ないため、
 年2~3割下がる最悪の投資環境でも被害が小さいので、
 大きなリスクを取った金融資産運用が可能。
 
・高齢者の時
 多額の資産を持っている方が多い中、
 若年者より大きなリスク負担能力があるので、
 リスクの耐性がある。

以上の事より、
十分分散投資された株式に投資するETF(上場型投資信託)で日本4割、
海外6割に投資する。

それと、安全でペイオフを気にしなくて良い
個人向け国債かMRF(マネー・リザーブ・ファンド)に
好きなだけお金を入れる。


☆何故掲載したか?
・分散投資といっても素人には無理。
 この程度の割り切りでよいのでは?と言う軽い提案です。


☆キーワード
・アセットアロケーション 資産配分
・やまざき はじめ
・山崎はじめ

20081105マネー経済の歩き方269.jpg

へーーーっと思ったらポチ=>   にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ   l

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

| 面白スクラップブックブログ |