日本初の小児向け肺炎球菌ワクチンの「プレベナー」が来年春発売される。

☆概要
日本初の小児向け肺炎球菌ワクチンの「プレベナー」について、
2009年10月16日付で承認を取得。

2010年春までに、米系製薬会社ワイスが製造し、
武田薬品工業が販売する。

約90種類(血清型)ある肺炎球菌のうち、特に小児で重い症状を引き起こす
7種類を選んでワクチンに仕上げた。

菌が通常入り込まない体の部分に肺炎球菌が入って引き起こす重い
感染症の約80%に対応できるとしている。

肺炎球菌は子供の細菌性髄膜炎や肺炎、中耳炎などの主な原因のーつ。


☆何故掲載したか?
・やっと日本で肺炎球菌ワクチンが認可された。
 長らく待たされた重要なワクチンだ。
 遅い。

・ワクチンは副作用も考えられ、これまで日本で発売されている
 肺炎球菌ワクチンの接種を子供にするには、躊躇があった。



☆関連記事
 怖い細菌性髄膜炎のHibワクチン接種が可能となりました。
 Hibワクチン 料金や接種回数、接種で頂いた説明書等



☆キーワード
・肺炎球菌ワクチン
・ワイス 武田薬品工業


20091019肺炎球菌ワクチン.jpg 


へーーーっと思ったらポチ=>   にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ   l

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

| 面白スクラップブックブログ |