世界最小クラスの次世代携帯電話LTEのインフラ装置を開発 NEC

☆概要
装置は「コアネットワーク」といわれる装置で、携帯電話利用者
の位置の把握や着信時の呼び出しなどの機能を持つ、

1台で1OOO台以上の基地局、約30万入の加入者の制御ができる。
装置は幅483ミリ高さ222ミリ奥行き497ミリと小型だ。
高さに至っては、従来装置の15分の1だ。


☆何故掲載したか?
・ものすごく小さい。これは売れる!!

・世界の次世代の携帯の規格はLTEと目されている。


☆関連記事
 


☆キーワード
・LTE Long Term Evolution 第3世代と第四世代の間の第3.9世代の携帯電話
・NEC


20091006世界最小LTE装置NEC.jpg 


へーーーっと思ったらポチ=>   にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ   l

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

| 面白スクラップブックブログ |