スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

へーーーっと思ったらポチ=>   にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ   l

東名高速道路の路肩復旧工事にカネカのポリスチレンのブロックが使われた。

☆概要
2009年8月14日
「東名高速道路の復旧工事にポリスチレンのブロックを使う事に決まった」

あの静岡県 駿河湾を震源とする地震で、
8月11日 東明の牧ノ原サービスエリア付近の路肩が崩落。

日本高速道路が、土嚢の上に盛り土をする工法を途中で切り替え、
軽いポリスチレンのブロックを積み上げた。
軟弱な地盤への負荷を軽くする為だ。

ポリスチレンのブロックは、重さが1立方メートル当たり20kgと、
土嚢と比べて100分の1と軽い。

また、ブロックであれば積み重ねるだけと工法も簡単になる。

ただ価格は、土嚢の10倍の価格だが、軟弱地盤の道路整備に
採用が進んでいる。



カネカの土木用ポリスチレンは国内シェア3割。



☆何故掲載したか?
・今年の盆の帰省ラッシュに備え、突貫工事で高速道路の路肩工事を
 完成させたあの工事が、実はカネカのポリスチレンを使っていたんだと、
 言うことに驚き。

 急に言われて資材を揃えられた事も素晴らしい。



☆キーワード
・カネカ
・ポリスチレン


 20090824ポリスチレン.jpg


へーーーっと思ったらポチ=>   にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ   l

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

| 面白スクラップブックブログ |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。