ウランが高騰

☆概要
オース十ラリアのウラン大手、エナジー・リソーシズ・オブ・オーストラリア(ERA)の
2009年6月中間期の純利益が前年同期比約8・3倍の1億2760万豪?(約103億円)となった。

世界的な原子力発電所建設増に伴い、長期契約価格が上昇。
長期供給契約の価格が1ポンド当たり48.02ドルと34%も上昇。

同社が生産したウランは全量、日本の電力業界などとの長期供給契約先に出荷している。



☆何故掲載したか?
・まだまだ原発の建設ラッシュが続く。
 ウランの高騰は始まったばかりか?

・低コストで発電できた原子力発電も、その内見直す時期はこないのだろうか?


☆関連記事
 原発も日本と協力を モンゴル
 モンゴルで ウラン争奪戦、更に他の鉱物資源も!!
 米原子力発電NRGエナジーに対し最大手の米原子力発電のエクセロンがTOB
 原子炉解体 竹中工務店
 トリウム利用の原子力政策 アメリカ
 原子力発電所の大型圧力器では8割の世界シェア 日本製鋼所
 次世代型原子力発電 等方性高密度黒鉛 東洋炭素
 


☆キーワード
・ERA
・ウラン
・原子力発電所 原発

  20090814ウラン高騰.jpg


へーーーっと思ったらポチ=>   にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ   l

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

| 面白スクラップブックブログ |