日航再建、国交省監督に異議!!

☆概要
経営危機の日本航空(JAL)に対して、日本政策投資銀行などが1000億円の融資を実施した。
融資の一部には政府保証がつき、政府による事実上のJAL救済である。

しかし、救済の枠組みに関して1つだけ異論がある。

国土交通省がJALの再建を指導、.監督する立場が、JALの経営悪化について、
地方空港を乱造し、そこへの路線開設を求めた
国土交通省にも責任の一端があるのは間違いない。

日本の航空会社は燃料税や着陸料など公租公課の負担が重く、
それも収益の足かせだ。


☆何故掲載したか?
・航空行政の食い物にされてきた?
 それとも官僚天下り先として、
 利用されてきたJALの行く末は、
 やっぱり税金で救済か?

・JALは破綻企業だ。


☆関連記事
 経営再建中の日航 年金改定に暗雲 JAL
 定額給付金を狙った航空券が日本航空(JAL)全日空(ANA)から発売された。
 航空3社の収益力
 国際航空券の発券手数料が撤廃される。


☆キーワード
・日本航空 JAL
・国土交通省


20090722日航再建国交省に異議.jpg

 


へーーーっと思ったらポチ=>   にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ   l

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

| 面白スクラップブックブログ |