量子コンピューターにつながる新技術 初の実証

☆概要
量子コンピューターは、原子のイオンや超電導回路がもつ量子状態という
微小な物理状態を基本素子として応用する超高速計算機。

ただ磁場や温度、電場など周囲の影響で素子の状態が短時間で乱れやすく、
実際に計算を実行する障害になっていた。

そこで、基本素子にある特別な時間間隔でマイクロ波を当てて誤差を補正する新技術を、
用いると、誤差の発生する確率を実用化に必要な0.01%の低レベルに抑えやすくなる。



米国立標準技術研究所は、実証してみせた。




☆何故掲載したか?
・すごい技術だが、とてもナイーブな技術でもあるんだ。微妙!!



☆キーワード
・量子コンピューター
・米国立標準技術研究所


  20090527量子コンピューター素子初の実証.jpg


へーーーっと思ったらポチ=>   にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ   l

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

| 面白スクラップブックブログ |