第一三共とランバクシーの命運

☆概要
第一三共がランバクシー株(ジェネリック=後発医薬品 世界大手)を取得した後
ランバクシー株が半額になる程度下落している。

きっかけは、ランバクシーの品質管理問題で、FDA(米食品医薬品局)が9月
中旬にインドの2工場からアメリカへの輸出を禁じる措置を発表。


☆何故掲載したか?
・第一三共の中間決算では、ランバクシー株の下落は反映されておらず、
 3月決算が楽しみだ。

・第一三共としては、ジェネリックを手に入れるための努力は有用。
 将来性は十分と考えられるが、海外の会社を手に入れるリスクは
 これからもつきまとう。


☆キーワード
・第一三共
・ランバクシー
・株価
・決算

20081029第一三共・ランバクシー.jpg

へーーーっと思ったらポチ=>   にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ   l

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

| 面白スクラップブックブログ |