チャイナ・プラス・ワン 対 チャイワン

☆概要
外資の「チャイナ・プラス・ワン」に対し、
中国は「チャイナ・プラス・タイワン] 縮めて 「チャイワン」で対抗。

この言葉はいったい何かと言うと、入件費や土地、電力などのコストが
急上昇した中国は、輸出型生産拠点としてはコスト競争力を失いかけている。

・「チャイナ・プラス・ワン」
ベトナム、バングラデシュなど、より人件費などの安い国を「プラスワン」として
探す必要があるという意味だ。
実際にアパレル、日用雑貨や電子部品などの日本企業が中国から拠点を移した。

・「チャイワン」 = 「チャイナ・プラス・タイワン」
「チャイナ」と「台湾」を足して、縮めた合成語だ。

中国の製造挙に欠けている液晶パネルや半導体メモリーを台湾が補い、
中国と台湾が肩を組んで産業競争力を高めようという狙いが込められている。



☆何故掲載したか?
・中国のこれからの高度成長の戦略と、
 外資の戦略のせめぎ合いだ。


☆関連記事
 中国が独占禁止法を適用できると BHPビリトン、リオ・ティント
 中国が電池大国から電気自動車へ 中国
 中国市場に軸受け生産を傾斜 THK
 中国 五鉱集団によるオーストラリアOZ鉱山買収
 バス・トラック用バックミラー 中国で生産 大東プレス工業
 中国で券売機装置受注 券売機大手高見沢サイバネティックス
 あの先行者と比べて、このロボットは?
 中国 航空26社 空港使用料を未払い
 中国の食料価格高騰が農村部を豊かに!


☆キーワード
・チャイナ・プラス・ワン
・チャイナ・プラス・タイワン チャイワン


20090702チャイワン.jpg 


へーーーっと思ったらポチ=>   にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ   l

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

| 面白スクラップブックブログ |