事業再生ADRをコスモイニシアで (新しい錬金術が生まれた)

☆概要
コスモスイニシアが事業再生ADR(裁判外紛争解決)手続きと呼ばれる
新手法で経営再建を模索している。
4月28日約40の金融機関を集めて、債権者会議を開催し、
金融機関からの借入金の支払い一時停止と、総額150億の資金調達が
承認された。
2009年7月中には、債務の圧縮などの再建計画を成立したいとの考え。


☆何故掲載したか?
この古い記事は、当時「ふーーーん」って思っていたのですが、
最近適用する企業が増えてきている。

これは大口の債権者の意向で、再生計画に向け債権の踏み倒しが
決定され実施される事を意味する。

つまり、上場している企業の株が一回紙くずになって、
再上場すると言う強烈な離れ技が可能となってくる。

日本の株式市場は健全なんだろうか?

最近では、旧グッドウィル・グループのラディア・ホールディングが
私的整理(事業再生ADR)で100%減資して、再生を目指すらしい。

一般の株主に取って「寝耳に水」で、大口の債権者による、
債権の踏み倒しと再度回収が可能となる

便利な手法ではないか?
日本の株式市場では、
一般の株主は馬鹿にされ続けるわけですね。

これからも一杯出てくると思われます。

特にファンド絡みで一杯出てくると思われます。
EXIT戦略は再上場。


ははははは
レバレッジは10倍ぐらいですかねぇ?



☆キーワード
・コスモイニシア
・私的整理
・事業再生ADR 裁判外紛争解決


  20090430コスモイニシア事業再生ADR.jpg


へーーーっと思ったらポチ=>   にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ   l

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

| 面白スクラップブックブログ |