潮力発電の実証実験を開始 三井造船

☆概要
エンジニアリング振興協会(東京・港)、三井造船などは共同で、
世界最大級の潮力発電システム.の実証試験に乗り出す。

50分のーの試験機を使った実験に成功したため、
2011年度に実物装置の建造や実証試験を始めることを決めた。

海中への設置では浮体方式を採る。

海底にワイヤの取り付け台を数カ所設置し、
浮きをつけた発電システムが水面下の適切な位置に浮遊するようにワイヤでつなぐ。

計画では流速2.5メートル/秒で出力2メガワットの発,電が可能。

年間発電量は760万??時で、2100世帯の年間消費電力に相当する。

1キロ?当たりの建設コストを、従来の6割減の40万円程度にすることを目指す。


☆何故掲載したか?
・離島での発電設備としてとても有効だ。
 他にも海峡に沈めれれば、いい電力を安定して取り出せるかも?

・2メガワットの発電設備は、8,000万円で建設できるということだろうか?


☆キーワード
・潮力発電
・三井造船


20090625潮力発電 三井造船.jpg 


へーーーっと思ったらポチ=>   にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ   l

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

| 面白スクラップブックブログ |