リン酸鉄リチウムの製造時間を半日から数時間に短縮 長岡技科大

☆概要
リン酸鉄リチウムを、安価な酸化鉄で作れるほか、
製造時間を半日から数時間に抑えられる。

今後、炭素をきれいコーティングする技術や量産技術を開
発し5年以内に実用化を目指す。

リチウムイオン電池は、携帯電話などで採用が進むが、
今後は自動車や家庭で使う大型の蓄電池としての需要が見込める。

これまでの正極材料としてはコバルト酸リチウムが一般的。
ただ、希少金属のコバルトを含むほか、高温になると発火の
恐れがあった。
リン酸鉄リチウムで、安価で安全性の高い正極材料が可能となる。


☆何故掲載したか?
・リチウムイオン電池のキーとなる素材がリン酸鉄リチウムと考えられ、
 この技術が実用化される5年後が楽しみだ。


☆関連記事
 リン酸鉄リチウムを住友大阪セメントが量産
 定置型リチウムイオン蓄電池の量産技術を確立 エリーパワー
 超薄型折り曲げ自在のリチウムイオン電池 STマイクロ
 電池素材のリチウムはどこで生産されるか?
 電気自動車向け急速充電器製品化 高砂製作所
 電気自動車 充電でなく電池毎交換 ベタープレイス
 車載用電池を巡る電気と自動車メーカーの提携関係図
 電気二重層キャパシター 明電舎・日本ケミコン
 リチウムイオンキャパシター NECトーキン
 リチウムイオン電池の爆発しない正極材料 マンガンリン酸塩リチウ厶の新製造法
 リチウムイオン電池 発火・液漏れなし 出光
 発火の危険性の無いリチウムイオン電池 電力中央研究所
 ニッケル、リチウムの資源はどこの国にあるか?
 リチウムイオン電池、原理は実は解明されていない
 長寿命リチウムイオン ボストン・パワー
 


☆キーワード
・リン酸鉄リチウム
・リチウムイオン電池
・長岡技科大


20090609リン酸鉄リチウム.jpg 


へーーーっと思ったらポチ=>   にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ   l

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

| 面白スクラップブックブログ |