中国が電池大国から電気自動車へ 中国

☆概要
ボリビアがリチウムの世界の埋蔵量の半分を保有し、中国も10%を占めている。

その為、中国がボリビアを国策として優遇し、コントロール下に置くべく支援、
援助をしている。

リチウムイオン電池の供給から、電気自動車の供給へと、一大産業と、
同時に資源の支配で、価格支配も目論む中国。



☆何故掲載したか?
・日本の政治家や官僚は何しているのだろう?
 きっと自分のことで忙しいので、世界からどんどん取り残されるんだろうなぁ。
 これまでの様に。


☆関連記事
 電池素材のリチウムはどこで生産されるか? 


☆キーワード
・リチウム リチウムイオン電池
・中国
・電池大国
・電気自動車大国


20090601電池大国から自動車へ 中国.jpg 


へーーーっと思ったらポチ=>   にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ   l

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

| 面白スクラップブックブログ |