電池素材のリチウムはどこで生産されるか?

☆概要
電気自動車を睨んだ電池は、リチウムイオン電池がメインとなるが、

素材のリチウムは、どこで生産されるか?

 4割がチリ アタカマ塩湖


ボリビアのウユニ塩湖 には世界の埋蔵量の半分が存在するが、
まだ開発は進んでいない。

 


☆何故掲載したか?
・重要な素材は、政治が介入しないと勝てない。
 日本の政治家・官僚はどうなんだろう?

・ぼーーっとしていない事を願うのみだ。


☆関連記事
 電気自動車向け急速充電器製品化 高砂製作所
 電気自動車 充電でなく電池毎交換 ベタープレイス
 車載用電池を巡る電気と自動車メーカーの提携関係図
 電気二重層キャパシター 明電舎・日本ケミコン
 リチウムイオンキャパシター NECトーキン
 リチウムイオン電池の爆発しない正極材料 マンガンリン酸塩リチウ厶の新製造法
 リチウムイオン電池 発火・液漏れなし 出光
 発火の危険性の無いリチウムイオン電池 電力中央研究所
 ニッケル、リチウムの資源はどこの国にあるか?
 リチウムイオン電池、原理は実は解明されていない
 長寿命リチウムイオン ボストン・パワー


☆キーワード
・リチウムイオン電池 リチウム
・チリ
・ボリビア


20090518リチウムイオンの資源.jpg 


へーーーっと思ったらポチ=>   にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ   l

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

| 面白スクラップブックブログ |