市況 日本の自動車メーカーの手元資金

☆概要
日本の自動車メーカー7社の3月期手元資金(現預金+短期保有の有価証券)は
前の期と比べて、4社で減少、内3社は2桁の減少。

売上げが落ちる中、営業キャッシュフローが悪化した。

手元資金の流出が続く各社は、
当面の資金確保を目的に銀行等の金融機関から借入金を増やし、
有利子負債の依存度を高めている。


つまり、売上げが無くなったので現金が入らない。
しかし、在庫は積み上がっていくし、
固定費はかかるので、毎月一定金額はお金が出ていく。

だから、景気が悪くなったとき、手元資金を確保するため、
各メーカーは、キャッシュの確保に全力を挙げる。


金融機関がお金を融通してくれるときは、有利子負債として、
積み上がっていく。

だから、手元資金で、お金を支払い続けられなければ、
黒字でも倒産の憂き目に逢う。


☆何故掲載したか?
・日本の自動車メーカーの事情がとてもよくわかる。



☆キーワード
・日本の自動車メーカー


20090525市況 車.jpg 


へーーーっと思ったらポチ=>   にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ   l

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

| 面白スクラップブックブログ |