豚インフルエンザ 遺伝子検査(PCR)とは?

☆概要
豚インフルエンザは、最初簡易検査でA型か確認し、
A型でなければ、PCR(遺伝子検査)でいよいよ、豚インフルエンザか確認が始まる。


・PCR(遺伝子検査) ポリメラーゼ・チェーン・リアクション
DNA(デオキシリボ核酸)の特定の領域だけを増やす一般的な手法。
ウイルス検査では目的のウイルスだけが持つ遺伝子の一部を増やして検出する。
インフルエンザウイルスはRNA(リボ核酸)を遺伝子として持つが、
特殊な酵素を使いRNAをいったんDNAに変えてからPCRを使う。


・検査方法
?鼻やのどの粘膿を 綿棒でぬぐう
?綿棒についたウイルスの 遺伝子を抽出
?材料を混ぜる
?装置にセット
?別の装置でDNAを検出する

所要時間は約2時間


☆何故掲載したか?
・豚インフルエンザの第二波に備え正しい知識が必要だ。


☆関連記事
 豚インフルエンザ 毒性は?
 豚インフルエンザ 新ウィルス出現の一因
 豚インフルエンザ 何故突然変異が起きやすいか?
 豚インフルエンザ まず簡易検査から入る その方法とは
 豚インフルエンザ 20世紀に入ってからのインフルエンザ
 豚インフルエンザの考察
 豚インフルエンザのH1N1の記号の意味


☆キーワード
・豚インフルエンザ
・PCR(遺伝子検査) ポリメラーゼ・チェーン・リアクション


20090527インフルエンザ10.jpg


へーーーっと思ったらポチ=>   にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ   l

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

| 面白スクラップブックブログ |