豚インフルエンザ 何故突然変異が起きやすいか?

☆概要
RNA(リボ核酸)を遺伝子として持つウイルスすべてが、頻繁に遺伝子の変異を起こす。
インフルエンザ以外では、エイズウィルスが有名。

いずれも複製のたびに複数の変異が生じる。
変異すると、遺伝子から作られるたんぱく質のアミノ酸が置き換わり、
結果として別のたんぱく質が作られてしまい、ウイルスの性質が変わる。


ウィルス表面にある「HA」と呼ぶタンパク質とウィルス内部に
あって増殖に.必要な酵素「PB2」とが変異すると病原性が高まる。
つまり、毒性の強いウィルスとなる。

「HA」が変化すると、感染性が変わり、人に移りやすくなったり、
一気に広がったりする。



☆何故掲載したか?
・豚インフルエンザの正しい知識は、第二波に向け知っておくべきだ。



☆関連記事
 豚インフルエンザ まず簡易検査から入る その方法とは
 豚インフルエンザ 20世紀に入ってからのインフルエンザ
 豚インフルエンザの考察
 豚インフルエンザのH1N1の記号の意味


☆キーワード
・豚インフルエンザ
・エイズウィルス
・病原性
・感染性


20090518インフルエンザ4.jpg 


へーーーっと思ったらポチ=>   にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ   l

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

| 面白スクラップブックブログ |