ベンチャー企業が太陽電池市場に風穴を開ける

☆概要
☆ソーラーシリコンテクノロジー(SST)
原料シリコンの多くは大規模な化学プラントで作られる。
亜鉛還元法はそれほど大きな施設を必要としない。
市価より二ー三割安い価格での供給が可能。
すでに中国や韓国の企業への納入が決まった。
将来、中国や北米での現地生産も視野に入れる。

☆クリーンベンチャー121
結晶型太陽電池と同じ電力を五分の一の量のシリコンで作れる
球状太陽電池を開発した。
今年中にSSTのシリコンを使って、本格生産を始める方針だ。

☆スペースエナジー
表も裏も発電する太陽電池。
岩手県北上市に年間八千キロ?の能力の工場を稼働する。
片面しか発電しない太陽電池は南向きに置くのが一番効率的だ。
両面で発電する太陽電池はどの向きに置いてもロスが少なく、
置き場所の制約が少ない。
この技術、元は日立製作所が開発したが、商用化が断念され、
売りに出され、スペースエナジーが装置もろともで購入し事業化した。


☆何故掲載したか?
・記事をよく読むと、それぞれ事業に人生をかけ、新しい市場に打って出る
 方々の息吹を感じる。素敵な事だ。



☆関連記事
 太陽光発電そのものが 既にバブルに向かっている
 調整を迎える太陽電池
 ナトリウム硫黄蓄電池増産 日本ガイシ
 調整を迎える太陽電池
 太陽電池の種類
 太陽電池 日本が世界から取り残される


☆キーワード
・太陽電池
・ソーラーシリコンテクノロジー(SST)
・クリーンベンチャー121
・スペースエナジー



  20090213VBが太陽電池市場に風穴を.jpg


へーーーっと思ったらポチ=>   にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ   l
コメント happy:
初めましてヾ(≧▽≦) 興味あるブログだったんでコメントのこさせて、また遊びにきま~す(*≧m≦)

コメント


初めましてヾ(≧▽≦) 興味あるブログだったんでコメントのこさせて、また遊びにきま~す(*≧m≦)

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

| 面白スクラップブックブログ |