定額給付金を狙った航空券が日本航空(JAL)全日空(ANA)から発売された。

☆概要
日本航空(JAL)、全日空(ANA)が定額給付金を狙って、
割引額の大きい航空券を売り出した。


・日本航空(JAL)
4月~6月に限って使える「シルバー割引」という最大75%割引きとなる、
六十五歳以上が利用できる国内線片道一万二千円の航空券を発売。

搭乗二ヶ月前に予約は可能だ。
適用外の一部路線もあるので注意が必要だ。
しかし、記事の文章を見る限りでは意味がわからなかった。


・全日空(ANA)
六十五歳以上が利用できる国内どこでも片道運賃九千円の航空券を
四月から発売することを決めている。

全日空の商品は事前予約ができず、搭乗手続きする時に空席の便を
探して利用する事となる。

ただ、日本全国が片道9千円は大きい。



☆何故掲載したか?
・全日空の商品はわかりやすい。素晴らしい会社だ。

・それに65歳以上で、日本全国9千円もものすごい設定だ。
 人が動くと経済が活性化する。

・一番金持ちの世代が消費するお金は、実は、若い世代なので、
 若い世代に消費と言う形で還元する事が一番よい。




☆キーワード
・定額給付金
・日本航空(JAL)
・全日空(ANA)



  20090324日航片道1万2000円 4月-6月.jpg


へーーーっと思ったらポチ=>   にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ   l

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

| 面白スクラップブックブログ |