再生角膜実用化へ セルシード

☆概要
セルシードの武器は、シート状の培養細胞を作製する独白技術が武器だ。

東京女子医大の岡野光夫教授が開発、シート状に細胞を培養する技術をもとに
再生角膜を作製。

具体的には、
岡野教授が研究してきた「細胞シート工学」は一定の温度になると水を
はじく性質がある高分子を使い、専用皿の上で、
患者の口の粘膜から採取し培養した膜を、
角膜の上皮とする。

細胞をシート状に形成した後に温度を上げることで、シートを
傷付けることなく取り出す。

再生医療領域ではジャパン・ティッシュ・エンジニアリングの
自家培養表皮が〇七年十月に日本で初めて承認を取得し、
今年一月から保険適用対象になった段階。


☆何故掲載したか?
・再生医療が本当に身近になりつつある。



☆関連記事
 


☆キーワード
・角膜 再生
・セルシード



  20090216再生角膜実用化へ セルシード.jpg


へーーーっと思ったらポチ=>   にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ   l

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

| 面白スクラップブックブログ |