歯周病で失われた組織を再生する医療がもう少しで実用化される ツーセル

☆概要
あごの骨から採取した少量の骨髄液から歯周病で失われた歯周組織を
再生する「間葉系幹細胞」を確実に得られる。

歯周病で失われた骨などの部分に注入すると1年程度で骨などの欠損が
きれいに戻る」

2~3年で実用化を目指している。

採取器具は、ジーシーと共同開発。



☆何故掲載したか?
・夢の話でなく、現実的な再生医療。
 それも誰でもできる医療 実用化が待ち遠しい。



☆関連記事
 ES細胞、コラーゲンと培養すると移植後の腫瘍化が激減
 iPS細胞 効率作製 タカラバイオ
 再生医療 iPS細胞って何?


☆キーワード
・再生医療
・歯周病
・ツーセル
・ジーシー
・広島大学


20090212歯周組織再生 ツーセル.jpg


 


へーーーっと思ったらポチ=>   にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ   l

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

| 面白スクラップブックブログ |