車はガソリンよりエタノールの消費量が多い エタノール先進国ブラジル 

☆概要
サトウキビを原料とするバイオエタノールを自動車用燃料として利用するブラジルで
エタノール消費量が、通年で初めてガソリンを上回った。

ブラジルでは通常のガソリンにも25%のエタノールが含まれている。
給油所でのエタノールの小売価格は多くの地域でガソリンと比べ4割程度安く、
燃費を考慮しても割安。
エタノールとガソリンの両方を使える「フレックス車」の場合、燃料
を選択することができるため、エタノールに需要がシフトした。


☆何故掲載したか?
・本気でやればこんな事が可能である見本だ。
 日本では無理かな?

 なんといっても、石油元売りが混ぜる事を前提の業者に売らない。

 政治家は大事なぶんどり税金だらけの石油の権益を手放さない。

 何台売れるか解らないフレックス車をメーカーは開発しない。



☆関連記事
 1月市況 トウモロコシ
 市況 11月トウモロコシ
 原油や穀物の市況を丸紅経済研究所が...



☆キーワード
・バイオエタノール
・ブラジル
・サトウキビ
・フレックス車



20090216バイオエタノールがガソリンを抜く ブラジル.jpg 


へーーーっと思ったらポチ=>   にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ   l

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

| 面白スクラップブックブログ |