iPS細胞 効率作製 タカラバイオ

☆概要
iPS細胞を開発した山中伸弥京都大学教授の手法と比べ約百倍の効率を実現した。i
PS細胞作製キットとして、2009年3月をめどに製薬会社や研究機関などを対象
に売り出す予定だ。


遺伝子の運び役(ベクター)にレトロウイルスを使ってヒトの皮膚細胞に三種類の
遺伝子を導入する際に、レトロネクチンを加えた。
この結果、二万個の皮膚細胞から十個から三十個のiPS細胞が作れた。
これは山中教授が科学誌に発表したデータに比べ約百倍に相当するという。


☆何故掲載したか?
・今話題の再生医療で活躍するES細胞と並ぶiPS細胞。
 もう実用化されてきたのかとびっくりだ。


☆関連記事
 再生医療 iPS細胞って何?


☆キーワード
・iPS細胞 iPS細胞
・ES細胞 ES細胞
・タカラバイオ


20090128iPS細胞100倍効率作成 タカラバイオ.jpg 


へーーーっと思ったらポチ=>   にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ   l

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

| 面白スクラップブックブログ |