商取引における過失責任と無過失責任

☆概要
民法には「過失責任主義」と呼ばれる原則があり、故意または過失(不注意)でなけれぱ、
相手に損害を与えたとしても、賠償する責任を負わなくても良いという原則がある。

法律に違反して他人に損害を与える行為を「不法行為」といいます。
?その行為が故意または過失
?実際に損害が発生している。
?損害との因果関係がある。

・過失責任
わざとでなく、十分に注意を払ってさえいれば、不法行為は成立しません。

この背景には、企業や個人の自由な経済活動をできるだけ保証しようとする
考え方があります。

・無過失責任
1995年に製造物責任法(PL法)が施行され、製品の欠陥が原因で消費者が
被害を受けた場合、メーカの故意や過失がなかったとしても、メーカーは
損害賠償しなければならない。


☆何故掲載したか?
・商取引の常識を知っておこう。



☆キーワード
・過失責任
・無過失責任
・製造物責任法 PL法 PL法

  20090109商取引は過失責任主義 例外はPL法.jpg


へーーーっと思ったらポチ=>   にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ   l

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

| 面白スクラップブックブログ |