2009年1月第一三共とランバクシーの命運

☆概要
仕事始めの五日。第一三共は2008年に総額四千九百億円で買収した、
ランバクシー・ラボラトリーズ(インド)の株式の評価損で、三千五百九十五億円を
個別決算に計上すると発表した。

ランバクシーの株価は昨年末時点で取得額と比べ半値以下に急落。
2009年3月期に六百五十億円の黒字を見込んでいた第一三共の連結最終損益は
大幅赤字に転落する見通しだ。


☆何故掲載したか?
・去年の11月の記事の内容が現実のものとなり、赤字に転落する。
 これも金融危機の影響だと思う。

・しかし、第一三共の株価は、キープしている。

・第一三共にとっての後発医薬品(ジェネリック)は、ランバクシーにかかっていると
 言うところだろう。将来性は十分だと思うが、この一過性の問題がどう出るか
 楽しみだ!!


☆関連記事
 第一三共とランバクシーの命運


☆キーワード
・ランバクシー・ラボラトリーズ(インド)
・第一三共製薬
・後発医薬品 ジェネリック

20090108ランバクシーと第一三共.jpg

へーーーっと思ったらポチ=>   にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ   l

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

| 面白スクラップブックブログ |